月光仮面に見る昭和30年代の大阪(1)大阪駅前1


日本初のフィルム撮影による国産連続テレビ映画として名高い「月光仮面」は川内康範原作、宣弘社の制作で昭和33(1958)年2月24日から昭和34(1959)年7月5日にかけてKRテレビ(現・TBS)で放送されました。


最高視聴率67.8%、平均40%代。有名な割に1年4ヶ月程度で放送が終わっているのが意外です。子供が月光仮面のマネをして高所から飛び降りてケガをする事故が頻繁に起こり出し、子供への悪影響と内容の非現実性までマスコミに叩かれ、遂に打ち切られてしまったそうです。*1


第1部 どくろ仮面  全71回 月〜土10分の帯番組 
第2部 バラダイ王国の秘宝 全21回 以降日曜30分番組
第3部 マンモスコング   全11回
第4部 幽霊党の逆襲    全13回
第5部 その復讐に手を出すな 全14回



音声はアニメのようにアフレコ。第1部は未熟さが目立ち、更に第1話を含む7話分のフィルムが欠落して話が分かりづらく、残ったフィルムも状態が酷く悪いため(断続的に音声がしばらく途切れる回も)、初心者にはお勧め出来ません。大瀬康一演じる祝十郎は藤岡弘のごとく撮影中に負傷したため初登場は何と第38回。

第1部から見ると第2部での内容、技術、規模の進歩は目を見張るものがあります。第3部マンモスコング編では日本のテレビ史上初めて巨大怪獣が登場。

第2部「バラダイ王国の秘宝」と第5部「その復讐に手を出すな」では一部の回で大阪ロケが行われています。最初期のテレビ映画なのに遠征ロケが出来たとは驚きです。この記事ではそのロケ地を紹介して行きます。「現在」の写真にちと古い物がありありますが、ご了承を。




up138309
バラダイ王国の秘宝 第6回「花と拳銃」(昭和33年6月29日放送)より。GIFアニメ制作協力:ちゃうけさん

*1:読売新聞1969年9月28日朝刊 テレビと共に タレント繁盛記52 ヒーロー登場(十七) など

続きを読む